外海開三 神戸市会議員 東灘区選出 公式サイト

神戸市灘区篠原台の状況について

平成30年7月豪雨により民間所有地の崩土が私道および沿道宅地敷地内に流入する土砂崩れが発生した灘区篠原台は209世帯、420人が居住する区域に避難指示が発令されました。私道ではあるが「異常気象」「規模と影響」「早期生活復帰」の観点から総合的に判断し、神戸市において流出土撤去作業が開始されました。ボランティアの受け入れはまだ始まっていませんが、とにかく人手が必要な今は学生・NPO・地元の方々が屋内の土砂掻き出しを力を合わせ頑張っておられます。
神戸市より災害復旧の状況、今後の見通しに関する住民説明会が明日7月14日(土曜)13時より開かれます。被害地域の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

平成30年6月期末手当増額分を寄贈しました

「神戸市市会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例」が、平成28年2月議会、平成28年11月議会、平成29年11月議会において3度にわたり上程・可決されました。我が会派は全て反対を主張し、これまでの増額分全額を2016年度は計1,083,840円(熊本市熊本地震災害義援金、熊本城災害復旧支援金)、2017年度は計1,097,597円(九州北部豪雨災害義援金、石巻市寄附金/東北大震災支援)寄贈させていただきました。このたびの平成30年6月期末手当増額分にあたる696,750円(会派所属議員6名分税引後)は、平成30年6月18日に発生しました大阪府北部地震における甚大な被害に対して、全額を義援金として大阪府に寄贈させていただきました。被災地域の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

神戸市中央卸売市場本場PFI事業視察

日本維新の会国会議員団 下地幹郎政調会長の視察に同行いたしました。本場の1日の取扱高は約706トン、2億8,000万円。PFI導入によるメリットは、設計・建設が「一括発注」「性能発注」にすることができ従来の建設コストより削減が可能。入札の結果従来の建設予定価格より低い価格(約20%減)で落札。維持管理業務費の経費も約10%削減が期待できると試算されています。沖縄協同青果(株)、琉球物流(株)、内閣府民間資金等活用事業推進室からも視察に参加されました。

@詳細は右下のread moreをクリックしご覧ください。