外海開三 神戸市会議員 東灘区選出 公式サイト

議員定数改正に関しての要請書を提出しました

平成30年5月11日に開催されました神戸市会代表者会議において、日本維新の会神戸市会議員団より「議員定数改正に関しての要請書」を提出いたしました。市内9区の各定数は、直近の国政調査の人口をもとに比例配分するよう公選法で定められているため、2015年10月調査の結果、東灘区・長田区で「1増1減」とする案が示されました。区別の定数調整を行う前に、そもそも現在の定数69人が適正なのかを検討する必要があるというのが要請書の趣旨であります。人口同規模政令市である神戸市1,527,481人・福岡市1,570,095人・川崎市1,509,887人(平成30年4月時点)における議員1人当たりの人口割合は、神戸市22,137人・福岡市25,324人・川崎市25,165人(平成30年4月時点)と神戸市の議員数が多いのは明確です。両市の平均値である約25,000人を神戸市にあてはめると61人になりますが、今回は他会派からの賛同が得られるように差数である約3,000人の半分の1,500人増での検討としたため、適正定数は64.6人となり4減を要請いたしました。

議員定数改正に関しての要請書
2017年5月12日 神戸新聞朝刊

地方議会議員年金制度に関する議案を提出しました


日本維新の会神戸市会議員団は「地方議会議員年金制度の復活及び地方議会議員の厚生年金加入に断固反対する意見書」を本日(平成30年第1回定例市会第5日 平成30年3月28日)議案提出いたしました。我々が提出した第32号議案は「地方議会議員年金制度を復活せず、尚且つ厚生年金への加入を新たに認めない」との理由ですが、同日に与党系会派及び共産党より提出された第31号議案は「地方議会議員を優遇する地方議会議員年金制度の復活には反対」との理由です。賛否結果は、残念ながら我々が提出した第32号議案が賛成12名・反対56名、第31号議案が反対6名(維新のみ)・賛成62名となりました。地方議会議員年金制度の廃止後も、莫大な税金投入が続いており地方議会議員の厚生年金加入が新たに可能となれば、更なる公費負担が必要となり国民目線からも遠くかけ離れ、到底国民の理解を得られるものではありません。日本維新の会は、地方議会議員の厚生年金加入には断固として反対しております。

議員提出第32号議案(日本維新の会)
議員提出第31号議案
@提案説明動画は下記よりご覧いただけます。
・平成30年 第1回定例市会【2月議会】提案説明(3月28日)